BLOG

サーフィンが上達したい方は必見です!
サーフィンBLOG
Slider

「一般的なサーフボードの製造工程」と「Smooth Bodyのオーダーサーフボードの製造工程」の違いは?

「一般的なサーフボードの製造工程」と「Smooth Bodyのオーダーサーフボードの製造工程」の違いについて説明します。

大手有名ブランドは、自社専用の設備が行き届いた大きなサーフボード工場で数人のシェイパーをはじめとする多くの職人を雇い、たくさんの職人の手による完全な分業製造を行っております。
また一般的なサーフブランドなどは各社が大きなサーフボード工場のブースを借りて製造して行きます。その場合も同様にシェイパーや各工程それぞれの専属の職人、例えばグラッサーと呼ばれる職人などが各社のオーダーシートを元に美しいサーフボードを製造してゆくのです。 そしてサーフショップやデパートに届けられ、店頭に並べられていきます。

Smooth Bodyはまるで違うシステムで製造しています。
分業製造ではなくお客様とのオーダーの打ち合わせから最後の発送までのすべての製造工程を一人で行っているサーフボードビルダーとして製造しております。
ですからお客様の納得がいくまで打ち合わせが出来るとともに、製造途中での可能な範囲での変更などにも対応することが出来ますので結果満足のいくサーフボードを提供できると断言しています!
サーフボードの製造というのは単にそれぞれの工程をこなせば出来上がるものではありません。大元の素材ブランクスは同じ成分で出来てはいても何十通りものバリエーションがあり一本一本違うのです。オーダーを忠実に表現していくためにオーダーに合う大元の素材ブランクスを数ある種類から選ぶところから始まり使用する樹脂もその日の気温湿度などに合わせて調合、その時々で作業を変えていかなければいけない繊細な工程が数々とあります。 綿密な段取りと柔軟な作業がなされなければオーダーに沿ったサーフボードを提供することは困難です。

よく聞く例が、オーダーした色と全然違う又はオーダー通りの長さや幅はあっているがライディングスタイルの違うサーフボードが出来上がったなどとよく聞きます。
それはそのはず打ち合わせしたオーダーシートは出来上がるまでに数か所、数人~数十人の職人に渡るため統一した内容を保つのはとても難しいのです。作業は熟練の職人が行うのですからもちろんクオリティーのいい美しいボードが出来上がりますがオーダー内容が忠実になされるかは分かりません。

Smooth Bodyはサーフボードのクオリティーはもちろんオーダー内容のクオリティーにも高いものをご提供できる製造工程を持っていると自負しております。

シェアをお願いします!

是非フォローをお願いします!