BLOG

サーフィンが上達したい方は必見です!
サーフィンBLOG
Slider

サーフボードのワックスについて

ワックスが塗られていないサーフボードは、とてもきれいですね。
しかし、実際に塗られていない状態でサーフィンをするのは足を滑らせてけがをするリスクもあり危険です。 ワックスの特性を理解して、より安全に波乗りを楽しんでいただくためご説明したいと思います。

Smoothbody オーダーサーフボード ワックス

ワックスを塗る面は

サーフボードには、デッキ(表面)とボトム(フィンが付いている裏面)とがあります。
ワックスにはライダーが安全に、楽しく乗るための滑り止めとしての機能がありますので必ず、デッキ(表面)にワックスを塗ってください。
ボトム(裏面)に塗ってしまうと、水面を滑るときの抵抗が生じてしまうのでワックスは塗らないでください。

ワックスの種類

ワックスには、季節・水温に合わせて様々な種類が出ています。
どの種類もおおよそ夏用は硬め、冬用は柔らかめとなっています。
表示されているワックスの水温や季節のものをまず確認し塗るようにします。
分からない場合は、お店の方に適したものを確認して購入するようにしましょう。
またワックスの下地材となるベースワックスというものがあります。
これを塗ると、ワックスの持ちが良くなりますのでワックスと合わせて準備しましょう。

季節や水温に合っていないワックスは、例えば冬用の柔らかいものは夏の日差しですぐに溶けてしまい要をなしませんので、季節が変わったら適応したワックスに必ず塗り替えましょう。

ワックスの素材

ワックスは、石油、白ろう、パラフィン、ガムベース、植物油、松やに、香料など
現在では環境を考え、自然素材を主成分としたワックスも出ていますので、ワックスのバリエーションは豊富です。
香りも様々、基本を押さえつつぜひ自分に合ったワックスを探してみてください。

ワックスの塗り方

ベースワックスを塗った後、その季節・水温に合ったワックスを塗り重ねてゆきます。

塗る準備

ワックスは熱さが弱点になります。
できるだけ日差しを避けて涼しいところで始めましょう。
またサーフボードはとても繊細で傷がつきやすいので、ボトム(裏面)を保護するクッションシートや台、体で支えるなどして行います。

塗る範囲

基本はパドルをするポジション、立った時に足の裏が乗る位置、座る部分、ロングボードであればノーズまでのラインになります。
プラス自分のライディングスタイルにあった部分に塗り重ねます。

初心者の方は、パドルをするポジションでちょうどレールを握る部分を含めデッキ全体に塗るようにしましょう。
これはいざ波に巻かれたときにつかみやすくするためだけでなく、サーフボードを運んでいるときも滑って落ちないようにするためです。

塗るポイント

ワックスのグリップ力を発揮させるための塗り方としては、サラッと平滑に塗るのではなく
『つぶつぶ』ができるように塗ってゆきます。
この『つぶつぶ』がポイントです。
『つぶ』を潰さないように何度も何度も、円を描くように軽く塗り重ねていきます。

Smoothbody オーダーサーフボード ワックス

ワックスのはがし方

ワックスをそぎ落とす道具がいろいろ出ていますので、自分の使いやすいものを準備してください。
せっかくきれいに落とせたと思っても、意外と油分が残っています。
残っていると次のワックスがのりにくくなりますので、リムーバーなどでしっかりふき取るのもポイントです。結果ワックス作業が早くきれいに塗れます。
注意したいのは、ワックスを落とす際にサーフボードに傷をつけないようにすることです。
気温の高い夏場ではワックスが日差しで溶けて、簡単に落とすことができますが、気温の低いときはガリガリと力を入れてしまいがちですので、根気よく作業してくださいね。

豆知識、ペットボトルのフタは、ワックスを簡単に落とせるので試してみてください。

*落としたワックスは必ず自宅に持ち帰るなどして破棄するようにしましょう。海や駐車場などに置いていくようなことはしないでください。

最後に

自分の思い描いたライディングを実現させるには、まずは足元のグリップです。
こまめに『つぶ』が潰れていないか、グリップが効いているか確認をするようにして安全で楽しい波乗りをしてください。
しっかり塗られていれば、技も決めやすく上達の近道になりますよ!

シェアをお願いします!

是非フォローをお願いします!