BLOG

サーフィンが上達したい方は必見です!
サーフィンBLOG
Slider

サーフボードのロッカーについて

ロッカーとは一般的にボトムの反り具合をさします。

Smooth Body オーダーサーフボード ショートボード ロングボード ホワイト

ロッカーの役割

ボトムロッカーはボトムデザインとレールデザインのバランスと
サーフボードのウエイト(重さ)などでサーフボードの性能、ライディングに
かなり影響を与えることができる部分です。

波の種類とロッカー

ロッカーは波のサイズやブレイクの速さ、乗り手のレベルに合わせて
多少変えながらシェイプする必要があります。

■波のサイズが大きい時やブレイクが速い波には
ノーズロッカー(ノーズ側のロッカーのこと)をやや強めにすることがポピュラーです。
逆にテールロッカー(テール側のロッカーのこと)はバランスを考え控えめにします。

■波がややトロ目やブレイクが遅い波には
回転性をスムーズに上げるために、テールロッカーをやや強めに入れます。
*この強めに入れるのは大きな波には向かないようです。

ロッカーのバランスによる影響について

ボトムロッカーのノーズからテールまでのバランスは、
パドルスピードやドロップスピードにも影響を及ぼします。

またロングボード、ファンボードではライディングスタイル
で重さも変えるデザインの場合は、ロッカーデザインは
かなり気をつけなくてはなりません。

ボトムロッカーは、サーフボードの重さとのバランスをとることが大事で、
重めのボードでロッカーを強くしたりすると、接水面がフラットロッカー
よりも深くなってしまうため、パドルスピードが遅くなりがちだからです。

すなわちボトムにロッカーを入れるのは基本であり、それに合ったアウトライン、
レールデザイン、ボトムデザインの融合でサーフボードが完成に近づくのです。

Smooth Body オーダーサーフボード ショートボード ロングボード ホワイト

シェアをお願いします!

是非フォローをお願いします!