BLOG

サーフィンが上達したい方は必見です!
サーフィンBLOG
Slider

ファンボードをオーダーする際に注意すること

Smoothbody オーダーサーフボード

ファンボードをオーダーする際に注意することについてまとめました。

ファンボードならば、すべての波に対応するサーフボードを製作可能

ファンボードならば、すべての波に対応するサーフボードを製作可能です。

小さな波から大きな波そして鋭いハードな波、ダラダラなトロイ波、すべての波に対応した板が可能です。

Smooth Bodyでは、波のサイズに合わせてアウトラインを少し変えていきます。

サーフポイントに合ったサーフボードをオーダーする

ファンボードの場合、ビーチブレイク、リーフブレイクの両方に使える丁度いい浮力の板がオススメです。

出来ればドルフィンスルーが4~5回できるぐらいの浮力のファンボードがベストです。

ライディングに合ったサーフボードをオーダーする

ライディングに合ったファンボードをオーダーすることが、サーフィン上達の近道です。

Smooth Bodyでは、お客様と一緒に海に入り、ライディングをチェックしてから、オーダーサーフボードを製作します。

ノーズサーフィン、テールサーフィン、オールラウンドなど、ご希望のスタイルに合わせたファンボードを製作いたします。

テイクオフの早いサーフボードをオーダーする

長め、広め、厚めが早いのですが、波に乗ってからは短ければ短いほどスリルがありショートボードの様に楽しいライディングが可能です。

軽いサーフボードをオーダーする

軽いファンボードでリッピィングサーフィンをしたい場合は素材を軽いものにします。

今主流の軽いサーフボードの素材はEPS素材とウレタン素材とがあります。

EPS素材

EPS素材は、かなり軽く仕上げることができるのがメリットです。が、脚力が必要でスピードが増すと浮力も増し、コントロールが難しくなるというデメリットがあります。
脚力に自信のない方は、波によっては吹き飛ばされることもあります。

ウレタン素材

ウレタン素材の中にも種類があり、その中でも軽めの素材を選び、巻き方(ブランクスを補強する作業のこと)を変えれば軽いサーフボードに仕上げることができます。

シェアをお願いします!

是非フォローをお願いします!